logo

イラン南東部の植物病害70での塩素ガス漏れ

AP通信 2020年7月4日 AP通信 2020年7月4日

イラン、テヘラン—イラン南東部の石油化学センターでの塩素ガス漏れにより、70人の労働者が病気になったと国営のIRNA報道機関が土曜日に報じた。

フーゼスターン州南東部のMahshahr市にあるKarun石油化学センターの労働者のほとんどは、治療を受けた後に釈放された。

一方、同じくフーゼスターンのアフヴァーズ市では、変圧器が爆発したときにゼルガン発電所で火災が発生したと、IRNAは土曜日に報告した。

炎は、炎との2時間の戦いの後、消防士によって封じ込められました。

発電所の安全衛生マネージャーであるモハマドハフェジは、火災の原因は調査中であるとIRNAに語った。

痰は何でできているのですか

イランの石油が豊富なフーゼスターンでの2つの事件は、木曜日の初めにイランの地下ナタンツ核濃縮施設の上にある遠心分離機製造工場での火災と爆発の後に発生しました。

当局者は、ナタンツでの火災の原因は当局者に知られているが、安全上の理由からすぐには解放されないと述べた。

火曜日、テヘラン北部の診療所でのガス漏れによる爆発により、19人が死亡した。

Copyright2020AP通信。全著作権所有。この資料は、許可なく公開、放送、書き換え、または再配布することはできません。